You are here
Home > ライフ > 来年こそは幸せになる!初詣でやるべき5つのマナーとは?

来年こそは幸せになる!初詣でやるべき5つのマナーとは?

来年こそは幸せになる!初詣でやるべき5つのマナーとは?

毎年、初詣で神社にお参りしているのに、あんまり効果がないみたい・・・。せっかくお参りしていても、実は正式なマナーを知らない・・・。なんて方は多いのではないでしょうか?

今回は、これさえ知っておけば、神様にきちんと願いを叶えてもらえる、初詣でのマナーをご紹介します。

 
 

来年こそは幸せになる!初詣でやるべき5つのマナーとは?

 

1.鳥居のくぐり方

鳥居は神様の世界との境界線。鳥居をくぐることは、聖域へ足を踏み入れることです。
気を引き締め、まずは一礼してから、鳥居を潜りましょう。

 

2. 参道の歩き方

鳥居をくぐって、参道に足を踏み入れたら、まずやってはいけないのが、参道の真ん中を歩くこと!
参道の真ん中は、神様の通り道。グループでお参りに行っていたとしても、横に広がって歩くのはNG。
参道の端っこを歩くようにしましょう。

 

3. 手水舍で手を清める

神様のの前に進む前に必ず身を清める必要があります。その時に使うのが手水舍。
右手で柄杓に水を汲み、左手、次に持ち替えて右手を洗います。左の掌に水を受け、口を洗い、もう一度左手を洗います。最後に柄杓の柄を洗い、柄杓を伏せてください。

 

4. お賽銭

お賽銭は、願いを叶えてもらうための対価ではなく、お供え物です。
参拝客の多い神社などでは、投げ銭をする方も多いですが、本来の作法には反します。
お賽銭をそっと賽銭箱に投じ、その後に鈴を1回鳴らして、神様に貴方が来たことを告げましょう。

 

5. お参り

二拝二拍手一拝。初めの二拝は、腰を90度まで曲げ、深々と。二拍手は、胸の高さで両手を合わせて二回手を打ちます。拍手を打つのは、「邪心を持っていません」という証明のためです。お祈りが終わったら、最後に深々と一礼してから退出しましょう。
初めて行く神社では、願掛けの前に名前と住所を述べてから、感謝の気持ちを持って願い事を伝えてくださいね。

 

番外編1. おみくじ

おみくじは、神様からのメッセージです。自分の意に沿った(吉兆)のものは、ぜひ持ち帰りましょう。
そうでない悪い結果の場合は、境内の木に結んで帰るのが、正しい作法です。

 

番外編2. お守り

初詣でのお守りは、その年の暮れに「一年無事にすごせました」というお礼の念を持って返納するのが基本ですが、遠くの神社などのお守りは、わざわざ返納しに行かなくても、近所の神社やお寺で代わりに受け取っていただけることが多いので、近所の神社にお願いしてみてはいかがでしょうか?

 
 

いかがでしたか?

こんなの覚えられないよーという方も多いとは思いますが、神様に対する感謝の気持ちや、敬う気持ちを持っていさえすれば、自然とマナーを守れるはずですよね!

 
 

参考:日本と世界のパワースポットガイド