You are here
Home > ライフ > 年間100万円節約も夢じゃない!賢い女は知っている、今すぐ知りたい節約術。

年間100万円節約も夢じゃない!賢い女は知っている、今すぐ知りたい節約術。

年間100万円節約も夢じゃない!賢い女は知っている、今すぐ知りたい節約術。

消費税は上がるし、物価も上がってるのに、給料は上がらない・・・。それどころか、扶養控除も減って家計はさらに火の車・・・。なんて、ため息をつい得ている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、知っているだけで大幅に節約できる裏技をご紹介したいと思います。

 

年間100万円節約も夢じゃない!賢い女は知っている、今すぐ知りたい節約術。

 

布団の洗濯はコインランドリーで!

あなたは、布団や毛布、毎回クリーニングに出していますか?
布団をクリーニングに出すとお店によっては1万円以上かかることも少なくありません。
これを布団も洗えるコインランドリーを利用すると、洗濯代800円、乾燥代400円ほどに抑えられます。
1枚のお布団で、約8200円ほども節約できちゃいます!

 

ホットカーペットにはアルミシート!

暖房にホットカーペットを使っている方は、ぜひオススメなのが、ホットカーペットの下にアルミシートを敷くこと!
これを下に敷くことで、床に熱が逃げるのを抑えることができ、いつもよりポカポカに。今まで強で使用していたのを中で使用するだけで、電気代がぐっと抑えられますよ。

 

電気製品の購入は、比較サイトでお買い得品を購入。

もし、電気製品の購入を考えているなら、「価格.com」などの比較サイトを有効に活用しましょう。
各店舗の値段がランキングで表示されるので、人気の商品やレビューなどもチェックできます。大型の場合、送料や設置サービスまで無料の場合があるので、よーく比較してみてくださいね。もちろん、実店舗に行って実際に購入したいものをチェックしてから、安いネットで購入もオススメです。
高額なものほど、実店舗より2~3万安いってことはよくありますよ。

 

節電タップで待機電力をカット!

電化製品は、いつもコンセントに差しっぱなしになっていませんか?
実は使っていなくても、待機電力が消費されしまっているっていうのは、もちろんご存知ですよね?
でも、いちいちコンセントを抜き差しするのは面倒。そんな方には、簡単にオンオフできる節電タップがオススメです。
待機電力の節電だけで、年間1万円の電気代が節約も夢ではありません。

 

簡単で安い手作り化粧品。

殺菌作用や抗炎症作用があって、ニキビなどにもオススメなのが、肌に優しい手作り緑茶化粧水。
鍋に薬局などで購入した精製水を1/2カップ入れ、沸騰したら火を止めます。そこに緑茶大さじ1弱を入れ、蓋をし、冷めたらお茶をフィルターでこしてください。清潔な容器にそれを入れ、グリセリン小さじ1を加えて、よーく振ります。冷蔵庫で保存しておき、1週間ほどで使い切りましょう。
1月に化粧水代1000円ほどかかっているなら、年間1万円ほどの節約になるでしょう。

 

スマホや携帯、プロバイダの料金プランをこまめに見直す!

スマホや携帯、インターネットのプロバイダ料金など、もう何年も見直していない・・・。って方も多いのではないでしょうか?携帯各社、プロバイダー各社、それぞれ毎年のように新しいプランやサービスの変更があります。
さらに、生活環境の変化によっても、お得なプランは変化します。定期的にプランの見直しをすることで、もっとお得に利用することができるのです。

また、購入時にオプションで付いていた有料サービスや、以前登録したけど全く使ってない音楽サービスや漫画サービスなど、そのままになっている・・・なんてこともよくあるので、こちらも一緒に見直して、いらないサービスは解約してしまいましょう!

 

子供と遠出するならJRがお得!

電車やバス、飛行機などの子供料金は年齢によって定められています。
飛行機の場合、2歳児からでも小児運賃がかかったりするので、新ダイヤ指定席以外は大人同伴で6歳(未就学)までが無料のJRを利用するのが賢いでしょう。大人1名につき6歳までの子供2名が無料で乗車できちゃいます。

 

日帰り手術で入院代をセーブ。

ヘルニア、甲状腺、胆石、乳腺腫瘍、眼瞼下垂など、手術の時に必ずしも入院をする必要のない病気が増えています。例えば、そけいヘルニアなら、入院と手術代で18万円ほどかかるところが、日帰り手術にするだけで、約9万円の半額に!
もちろん、手術内容には変わりはないので、ご安心を!お医者様にぜひ相談してみてください。

傷病手当の申請を忘れずに!

病気で長期入院が必要になって、会社を休まなくてはならなくなった場合は、「傷病手当金」という制度を活用しましょう。これは、会社員が病気のため出勤できず、3日連続して入院した後、4日目~1年6か月までを限度として、給与の2/3の金額が休んだ日数分もらえるという制度です。

3日間連続の入院後は、自宅療養の場合でも支払われるので、会社の総務や、社会保険組合などに相談して、しっかり受け取りましょう。

 

万が一、会社が倒産して給与や退職金がみばらいなら・・・

いきなり会社が倒産。給与も退職金も支払われない。こんな事態に巻き込まれたら、「未払金建替え制度」を活用しましょう!この制度は、労働者健康福祉機構が未払いの賃金の一定範囲を事業者に代わって支払ってくれるという制度です。
立替払をする額は、未払賃金の額の8割です。ただし、退職時の年齢に応じて88万円~296万円の範囲で上限が設けられています。

詳しくは、こちらをご確認ください。

 

再就職したらお祝い金を受け取りましょう。

同じ会社で一定期間働いて退職すると、失業保険を受け取ることができます。
この給付金を受けている間に、再就職が決まり、一定の条件を満たせば、「再就職手当」を受け取ることができます。

詳しくは、ハローワークにお問い合わせください。

 
 

いかがでしたでしょうか?
意外と知らないことも多かったのではないでしょうか?
ぜひ、活用して、今日から節約始めちゃいましょう!

 
 

参考:ぐうたら節約術